(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log By Engineer

【感想】グリーンブックが良かった話

IT部門書籍ランキング

はじめに

本記事では、映画 グリーンブック の感想をつらつらと書いてます。

史実映画なのでネタバレというのもない気もしますが、
まっさらな状態で見たいという方は見ない方が良いですね。


以下、あらすじです。
f:id:mtiit:20190315124207j:plain

時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップは腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学だが、家族や周囲から愛されていた。 ある日、トニーは天才ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツアーの運転手として雇われる。まだまだ人種差別が根強く残る時代、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。 粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへ旅立った──。(あらすじより抜粋)

ちなみに、ヴィクター・H・グリーンが刊行したのでグリーンブックです。
英語のタイトルも Green Book 、シンプルですが重いワードです。

では、以後感想なので閲覧はご注意ください。



感想

ツカミ

この話の主人公、マフィアなんかも集うナイトクラブで働くトニー・リップが客の帽子を隠すところから始まります。
最初は意味が分からなかったのですが、後でそれを本人に渡して感謝されます。偽善的な自作自演の行為、いわゆるマッチポンプですね。主人公の抜け目のない一面を見せます。

それと同時に黒人が使った食器をためらうことなくゴミ箱に捨てるシーンなど、時代背景を考慮しても彼が持つ差別感情や無学さをセリフなしで表現します。

一連の冒頭シーンからは、全く感情移入ができない振る舞いを見せるトニー・リップが、旅を通じて少しずつ変わる様は見ていてとても印象に残りました。

ピアノが素敵 ところどころ笑えてところどころ泣ける

楽家のドクター・シャーリーが物語のキーマンとして位置づけられていることで、随所に音楽がちりばめられます。
いい映像作品に音楽は不可欠だな、と思いました。

ステージ外で差別的な扱いを受けるシャーリーは、理性と品格を備えた人物として描かれており、だからこそ感じる不条理さを目の当たりにして感情移入してしまいます。終盤の、ショパンのピアノ演奏は何故か泣けました。

また、シュールな笑いがかなり多いです。重いテーマでも笑いを自然に入れていく様は、スリービルボードに通じるバランス感がありました。
個人的には車でチキンを食べるシーン、かなり好きでした。

メッセージ性

当時の黒人差別を垣間見せるシーンが随所に入っていて、やはり考えさせられます。アラバマ州*1での最終公演トラブルなど、映画と分かっていても辛くなります。ただ、最後の警察官に救われました。史実かは置いておいて後味の良さが生まれます。

所感

映画館で見て良かったと思いました

二人の掛け合いや、トニーの差別に対する考え方の大きな変化、そしてシャーリーのトニーに対する変化など、見ていてとても引き込まれました。
最後の、奥さんが手紙の手ほどきをしていたのがシャーリーと知っていたのもまた、それでもなお喜んでいた姿もまた、印象的でした。

Don Shirleyという実在の人物にスポットを当て、映画として世に出してくれた関係者の方々、ありがとうございました。

*1:アラバマ州の旗は南軍旗の影響を受けているように見えますね