(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

英語メールのオープニングとクロージング

スポンサーリンク

英語でのビジネスメール送信

仕事の上で、英文のメールを送付することもありますが、毎度毎度オープニングとクロージングに悩むことがあります。

日本語では、
頭に「お疲れ様です。」「お世話になっております。」
語尾に「以上、よろしくお願いします。」「以上、よろしくお願いいたします。」

といった具合ですが、英語も色々あります。

今回、ナツメ社より出版されている「ITエンジニアのための英会話&キーフレーズ」の中で3段活用に触れられていました。他のサイトでも色々と書かれていますが、ルールがシンプルだったので備忘録として紹介します。




親密度:大

オープニング

Hi 相手のファーストネーム

クロージング

Best regards
自分のファーストネーム

親密度:中

オープニング

Dear 相手のファーストネーム

クロージング

Sincerely
自分のファーストネーム

親密度:小

オープニング

Dear Mr./Ms. 相手のラストネーム

クロージング

Your faithfully ,/Sincerely yours,
自分のフルネーム

親密度小では注意が必要

日本語では苗字に様付けしておけば問題ないですが、英語ではMr./Ms./Sir/Madam/と性別に紐づく用語を選定する必要があります。

性別が名前から推測しにくい時は、失礼を承知で「Dear 相手のフルネーム」で逃げることも可能と書かれていました。
覚えておこうと思います。


以上、ビジネスメールにおけるオープニングとクロージングの3段活用でした。

参考:ITエンジニアのための英会話&キーフレーズ

ITエンジニアが遭遇するシーンが想定されており、日本語の受け答えの模範としても読んでいて勉強になりました。


他の記事を読む