(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer

月は小惑星ではない

スポンサーリンク

結論から言えば、月は衛星なので小惑星ではないです。

このあたりを調査した時に、当たり前すぎたのかなかなかこの結論にたどり着けなかったので記事にしました。

太陽、地球、月、イトカワ、この4つをジャンル分けしていきながら説明します。

まず、この4つは全て太陽系に属しています。

太陽系とは?

太陽系とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体から構成される構造である。主に、現在確認されている8個の惑星、5個の準惑星、それを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などから成る。

と一気に用語が出てきました。




4つの天体はどういうカテゴリなのか

先ほどでてきた 太陽、惑星、準惑星、衛星、太陽小天体 という用語。
4つの天体を当てはめると、太陽系における分類は以下の表のようになります。

天体名 カテゴリ ざっくりした特徴
太陽 恒星  自ら光を発する
地球 惑星 太陽の周りを回る 重い
衛星 惑星の回りを回る
イトカワ 小惑星 太陽の回りを回る 軽い

ポイントは小惑星は、太陽の周りを回っています。なので地球の周りだけを回ってるわけではないです。

そんな小惑星イトカワですが、地球近傍小惑星と呼ばれる、地球に近づく軌道を持つ天体です。
f:id:mtiit:20190127003041p:plain
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180323/ より画像を抜粋)
上の画像を見ても、地球ではなく太陽の周りを回っていることがわかります。

このあたりのジャンル分けは、現在も定義が行われているもので曖昧なものもありますが、記事執筆当時の分類を載せると以下のようになっています。
f:id:mtiit:20190127003425p:plain
(太陽系小天体Wikipediaから画像を抜粋)

よって、地球の周りを回る月は小惑星ではない、という結論になります。
遠目に見れば月も太陽の周りを回ってるのですが、このあたりは定義の難しさですね。

以上、月が小惑星に分類されるのか気になって検索した際のメモでした。