(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

ブログでマイルを貯めて旅行に行きたい

スポンサーリンク

はじめに

忍者AdMaxという広告プラットフォームでは、収益をPeXというポイントで受け取ることが可能です。

そんなPeX、経路を辿ればマイルに変換できるということでマイルの価値やその他諸々について整理してみました。

なぜマイルに変換するのか

色んなポイントサービスがありますが、中でもマイルは別格な印象を受けます。

例えば以下の図はPeXを軸に以下に効率的にマイルを貯めることができるかを示す図です。
f:id:mtiit:20181215211022p:plain
( https://www.sukesuke-mile-kojiki.net/entry/pex-line より図を抜粋)

要は、マイルが他のポイントと比べて高価値であることを暗に意味するこの変換ルートなのですがなぜマイルは高価値なんでしょうか?

そもそもマイルとは...

もともとは飛行機の搭乗距離に比例したポイントを付与するサービスで、そのポイントの単位がマイルです。

そんなマイレージサービス、国内ではJALマイルANAマイルの2つが主流。
そして、飛行機に乗らなくても現在ではクレジットカードで買い物をするだけで貯めれたりするので飛行機には乗らない方でも利用できます。

場合によっては燃油サーチャージ代がかかったりはしますが、
その貯めたポイントで飛行機に無料で乗れたりするので他のポイントにはない魅力があります。

なぜマイルが高価値なのか?

例えば、上の図では10,000円分のPeXポイントが約8,000マイルに変わっていました。
1マイルに1円の価値しかなければ変換を通じて価値が目減りしていることになります。

例えば10,000円分のPeXポイントは10,000円分のEdyに交換できます。
Edyを利用できる場所は限られるものの、Edyの10000ポイントはそのまま10,000円分の価値です。

ではマイルはどうでしょうか。

マイルの肝は特典航空券の交換に利用できる点にあります。

特典航空券?

例えばANAを例にしますが、東京⇔大阪間はレギュラーシーズンだと6,000マイルで航空券を手にいれることができます。
f:id:mtiit:20181215214830p:plain
( https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/dom/terms.html#b02 より図を一部抜粋 )


普通にANAで航空券を購入すると、12,000円程度するので1マイルに2円の価値があります。

ただし注意するべきポイントは、東京〜大阪間だとタイミングがあえば5,000円程度で乗れたりするLCCもあります。

そうなれば、1マイルの価値は1円以下という見方もできるわけです。

終わりに

マイルは座席のアップグレードにも利用できるようで、プチ贅沢の一つとして利用しやすそうです。
忍者ポイントを少しずつ貯めながら、いつかマイルに変換してビジネスクラスで海外旅行にいきたいものです...


他の記事を読む