(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

IT技術-R言語

【R言語】点群による立方体の描画

はじめに 注意:本記事はかなり無理やり立方体を描画しています。もっとスマートな方法が見つかればそちらに切り替えようと思いますが、備忘録としてメモしておきます。 方針 scatterplot3dで立方体の表面を点群として表現します。 実装 一辺を50個の点群で…

アポロチョコをR言語で描画してみた

ネタ アポロとは明治が製造販売しているチョコレート、 上がピンクで下が茶色の美味しいお菓子です。 三角形の特徴的な形は、1969年に月面着陸した宇宙船アポロ11号がモチーフになっています。本記事ではアポロをR言語で立体描画した際の流れを記載しました…

【R言語】二次元配列を3次元の点群で可視化する

はじめに 以下記事にて二次元配列をpersp関数で可視化する流れを記載しました。 一方で違う見せ方としてscatterplot3d関数で可視化することも可能です。 本記事ではperspに関する記事で利用したアメリカの航空会社から提供されている1949年から12年間の国際…

【R言語】scatterplot3dのangleと出力結果の関係

はじめに R言語ではscatterplot3dという関数を利用して3次元データの描画が行えます。実際に描画した例は以下です。 ここで3次元データの特徴ですが、同じデータでも見る角度を変えれば印象が変わります。scatterplot3dでもオプションによってアングルが変更…

【R言語】scatterplot3dで点群に色をつけて可視化する

はじめに R言語ではscatterplot3dという関数を利用して3次元の描画が行えます。本記事では三次元データを利用した三次散布図を作成する手順を分かりやすく解説しました。 scatterplot3dで3次元データ可視化 インストールは install.packages("scatterplot3d"…

【R言語】グラフ構造をdigraphで可視化する

はじめに グラフとはノード群とノード間の連結関係を表すエッジ群で構成されるデータ型で、簡単に言えば頂点と頂点を線で結んだデータ構造です。具体的には以下のようなものです。 本記事ではこのような図をR言語でサクッと作成する手順について解説します。…

【R言語】山岳データを取得して等高線プロットを行う

山頂立体地図データ 以下の国土地理院のサイトにて日本の山岳データが取得できます。 立体地図(日本の主な山岳) *山名をクリックすると、「地理院地図」で、山頂付近が表示されます。 【3D表示】をクリックすると、山頂付近が立体地図表示されます。 例え…

【R言語】openxlsxにてエクセルファイルを読み込む

方法 test.xlsxというファイルのSheet1に以下セルがあるとして Name Age Sex Ken 30 M Yumi 25 F Takashi 28 M openxlsxライブラリの関数read.xlsxを利用するとdata.frameとして取得可能。 > wb <- read.xlsx("test.xlsx") > wb Name Age Sex 1 Ken 30 M 2 Y…

【R言語】Lastvalueで一つ前の実行結果を取得する

最後に実行された結果を取得する便利な変数 R言語では最後に評価された値を.Last.valueで参照することができます。.L と 入れてTabキーで補完すれば候補として表示されるので覚えておくとどこかで役立つやもしれません。 > .L .Last.value .Library .Library…

【R言語】セルオートマトン入門とその描画

はじめに 以下のような画像を見たことはあるでしょうか。 こちらはシェルピンスキーのギャスケットと呼ばれるフラクタル図形ですが、 「二状態・三近傍・一次元セルオートマトン」として生成することができます。本記事では、セルオートマトンとはなにか と …

【R言語】山岳立体データを取得して可視化する

山頂立体地図データ 以下の国土地理院のサイトにて日本の山岳データが取得できます。 立体地図(日本の主な山岳) *山名をクリックすると、「地理院地図」で、山頂付近が表示されます。 【3D表示】をクリックすると、山頂付近が立体地図表示されます。 例え…

【R言語】min/max/range関数で値が正しく取得できない

事象 特定のデータにてmin関数、max関数、range関数などが正しく機能しない 数値が入った変数hogeにて最大値が10以上であるに関わらず以下のように出力される。 > range(hoge) [1] "0" "9.99993895163879" 原因/解決策 変数hogeが文字列として扱われている >…

【R言語】二次元配列を立体的に可視化する

perspによる可視化 R言語には配列を三次元として可視化するpersp関数があります。persp()の引数は以下です。 persp(x = seq(0, 1, length.out = nrow(z)), y = seq(0, 1, length.out = ncol(z)), z, xlim = range(x), 宇宙ylim = range(y), zlim = range(z, …

【RHEL7】R言語をインストールする

目的 RHEL7でR言語を利用できる環境を用意する。 環境 Google Cloud Platform環境のVMインスタンス $ cat /etc/os-release NAME="Red Hat Enterprise Linux Server" VERSION="7.6 (Maipo)" $ arch x86_64 手順 R言語をインストール yumコマンドでインストー…

【R言語入門】文字列と時刻の変換

POSIXlt character as.POSIXltにて文字列から時刻に変換できます。 > as.POSIXlt("2000/11/22 23:34") [1] "2000-11-22 23:34:00 JST"数値は秒数として演算できます。 > test <- as.POSIXlt("2000/11/22 23:34") > test + 60 [1] "2000-11-22 23:35:00 JST"…

【R言語入門】plotした図に縦線横線を引く

abline関数を用いて平行線を描画する R言語ではグラフの描画にはplot関数を用います。例えば、正規分布の確率密度関数であるdnormを描画するコマンドを打つとグラフが簡単に作成されます。 > plot(dnorm,-5,5) 平均0,標準偏差1の正規分布です。 一般的に、…

【R言語】getSymbolsで取得した日経平均終値をplotする

はじめに Yahoo Finance から株価データをとってきてくれるgetSymbolsを使って、こちらをPlotするまでの備忘録です。 OS Windows 10.0 Rstudio Ver Version 1.0.153 準備 quantmodのインストール quantmodパッケージが必要ですので、library読み込みが失敗し…

【マッチングアプリ】登録者数の可視化

データ解析 データを解析するにあたって、おもしろいデータか否かというのはとても重要です。分析、解析するデータの選定ですね。今回は、少しおもしろそうなデータを用意しました。出会い系マッチングアプリの登録者数です。個人的に、クリスマスを境にして…

【R言語】image関数を用いた二次元配列のヒートマップ化

行列の可視化 2次元配列(行列)を可視化する場合に使えるimage関数を実例を示しながら紹介します。 サンプルデータ まず、元となる2次元配列ですが R言語にてデフォルトで入っているサンプルデータAirPassengersを用います。アメリカの航空会社から提供され…

【R言語】文字列を一意の数値に変換する

はじめに Twitterのホットトピック取得については、こちらで紹介しました。 【Java】 Jsoup.connect(url).get()でHTMLを取得する - (O+P)ut今回は上記記事の手法でホットトピックを取得し、2017/6/17にあったAKBの総選挙の際のトピック遷移を可視化してみま…

マージソートの可視化

はじめに ちょうと1年前くらいに www.mtioutput.com といった記事を書きました。タイトルの通り、選択ソートとバブルソートを可視化しました。一定の反響があったので、今回はマージソートの可視化を行います。 使用するのも前回同様 R言語です。 マージソー…


他の記事を読む