(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log By Engineer

IT技術-ストレージ

【入門】スペアディスクとは?

はじめに 複数のディスクを一つのドライブのように扱う技術であるRAID*1は、主にデータの冗長性を高めるために利用されます。そのRAIDを語る上で「スペアディスク」という用語が出てくることがあります。本記事では、スペアディスクの役割について関連用語と…

【入門】スナップショットとは?

はじめに データをバックアップするためのソフトは多々ありますが、なにはともあれ静止点を作成する必要があります。 そして、アプリケーションが静止点を保持することで生じる負荷を極力少なくする技術にスナップショットがあります。本記事では、スナップ…

【入門】静止点とは?

はじめに システムのバックアップを取得する際に重要な「静止点」または「断面」という用語、馴染みがないわりには書籍等では当たり前のように記述されることがあります。本記事では「静止点」という用語を初めて聞いた人に向けて、分かりやすく解説します。…

ファイルサーバとNASの技術的な違い

はじめに ファイルサーバとNASは、どちらもファイルを共用する際に利用します。 よって、違いやメリットデメリットで比較されることが多いですが、アーキテクチャとして何が違うのか?については自明だからか触れていないものがあります。ファイルサーバのメ…

【入門】LUNとLBAの違い

結論 どちらもストレージの用語です。 LUNはシステム内のストレージデバイスを区切る単位でLBAはストレージ内のデータの読み書き単位を区切る単位です。以下、補足です。 補足 これらの用語はコンピュータから見て記憶装置に格納されているデータの位置を論…

【入門】SVCとは?

はじめに SAN Volume Controller、略してSVCはストレージ仮想化のためのIBM社の機器です。本記事では、SVCの役割について簡単に解説します。 ストレージの仮想化とは? SVCが存在しない環境を説明します。 例えば、上記の構成はエンタープライズ向けでよく見…

サーバ/SANスイッチ/ストレージ/拡張筐体の接続

はじめに エンタープライズ向け機器はポートが複数あり、接続形態も複雑です。 本記事では、あるケースではありますが一例として機器間の接続を図示してみます。また、そのポイントも補足として記載します。 サーバ/SANスイッチ/ストレージ/拡張筐体...の構…

グローバルミラーにてCvolはなぜ必要なのか

グローバルミラーにてフラッシュコピーを行う理由 グローバルミラーのステップは大きく分けると以下の3ステップで語られます。 変更情報を作成 変更情報を転送 FlashCopyで静止点を保管 ここに登場するストレージは、便宜的にAボリューム,Bボリューム,Cボ…

【ストレージ入門】ATA/SATA/SCSI/SASの用語整理

ストレージの規格でよく耳にする以下の4つを整理しました。 ATA SATA SCSI SAS どれもコンピュータとストレージの通信規約で、コネクターの形状や電気信号の形式などを定めています。 4つの関係を整理 ジャンルで分けると、 サーバで利用 SCSI、SAS パソコ…

「DDR3 SO-DIMM 1600MHz 8GB」からメモリ用語を読み解く

メモリの用語は難しい Macでは「このMacについて」、WIndowsでは「システム情報」から搭載されているメモリが以下のように確認できると思います。 「8GB 1600MHZ DDR3」また、同じようなメモリをネットで購入しようとすると以下のような暗号チックな文字列を…

【入門】メトロミラーとグローバルミラーの違い

はじめに IBMのストレージ製品において使われる二つの用語の違いについて簡単に記載しました。 できるだけ平易な言葉で記載しましたので、入門記事として活用ください。 Metro Mirror と Global Mirror まず、これらの技術は災害対策で用いられます。 つまり…


他の記事を読む